【フローレス・スミコ】スペイン×日本、18年間育ったグアムが教えてくれた究極のハッピー

sumikoflores
<フローレス・スミコ/Sumiko Flores>

higuchiaki今回は、スペイン系チャモロ人と日本人のハーフで、グアムで18年間過ごしたSumiko Floresさんをインタビューさせていただきました!18歳の時に、単身で日本に留学され、上智大学卒業後、大手IT会社を経て、現在はベンチャー企業勤務。いつも笑顔のSumikoさんにハッピーの秘訣をお伺いしました!


sumikoflores—Could you tell me about your job?
I work at a tech startup, specifically Operations for an online payment service. I handle customer inquiries, monitor transactions, check products, improve functions based on customer’s needs, etc. Because we’re such a small team, only 7 people right now, each person is valuable, and it allows everyone to contribute to the team. I learn new things everyday and though it’s a lot of pressure and challenging, it’s worth it.

今、どんなお仕事をされていますか?
オンライン決済サービスのオペレーションをしています。具体的には、ユーザーのお問い合わせ対応をしたり、決済や販売商材のチェックをしたり、お客さんの要望をサービスに反映したり、と業務は多岐にわたります。チームは7人しかいないんです。でも、それがいいですね。まだ経験が浅い私の意見も聞いて、一人一人がとても大事にされている会社だと思います。毎日が充実していて、自分が成長してるのも実感できるし、色んなことやらせてもらえるんです。やりがいがありますね。

—Seems like a really open-minded environment!
It really is. There are about 50 people in the Tokyo office right now – from different countries and backgrounds. I grew up in Guam, which is a melting pot for many cultures so this kind of environment is best suited for me.

フラットな社風なんですね!
はい。東京本社は、社員が50人程なのですが、色んなバックグランウドの人がいて、みんな考えがオープンなので、言いたい事を言い合っています。私は、多文化の島、グアムで育ったので、今の会社は、とても性に合っていると思います。

  sumikoflores
—What’s something memorable that your parents said to you?
When I was 15 my parents told me that I had to earn my own spending money. I started working at a photography studio, where I sold pictures to tourists, and then worked at a restaurant soon after. I went to an all girls college-preparatory high school so juggling two jobs and school was tough.

今まで、ご両親から言われた印象的な言葉はありますか?
15歳になった時、「もう学費以外は払わないからね。遊びたいなら、自分で稼ぎなさい」と言われました。なので、そこから色々なバイトをしました。例えば、フォトグラファーについて、写真を観光客向けに売るアルバイトをしたり、レストランで働いたりしていました。当時、グアムでは珍しい女子校に通っていて、結構勉強量が多い学校だったので、勉強とバイトの両立は大変でしたね。

 

—Tough love!
And then when I was 18 they told me to pay for my college tuition. I couldn’t really speak Japanese at the time so I was pretty scared and worried, but I knew it was my mom’s way of telling me to be independent.

 愛のムチですね!
18歳からは「学費も払わないからね」と言われました(笑)当時、日本の大学に進学することが決まっていたのですが、あまり日本語ができなかったため、私としては「え?嘘でしょ?」と思いました。私が「学費払えなくなったらどうするの?」と母に聞いたところ、「そうなったら、グアムに戻っておいで」と言われました。その時、母の「自立しなさいという」想いがよく伝わりました(笑)

 

—You must have worked really hard to pay your tuition.
Yes. I had so many part time jobs! I’ve taught English, tutored math for international school students, and worked at a soba place, Abercrombie, and the Apple Store. At one point I was working 3 jobs at the same time.

学費を自分で払うとなると、結構バイトをされてたんじゃないですか?
はい。大学時代は、英語を教えたり、インターナショナルスクールの子に数学を教えたり、アパレルブランド・Abercrombie&fitchで、ショップ店員をしたり、Apple storeでセールスや契約、カスタマーサポートの仕事をしていました。一時期は、家庭教師、アパレルショップ、蕎麦屋3つのバイトをかけもちしたことがあり、結構大変な時期もありました。

sumikoflores

—Wow. Are those experiences influencing your behavior?
Yeah. I’ve always been pretty independent, solving things on my own. So when people decide things for me I get annoyed. Haha Even when my boss tells me to do something I’m always asking questions. I like talking, discussing and being logical.

偉いですね!そのご経験は、今のスミコさんに何か影響を与えてますか?
結構小さい頃から、何でも自分でやってきたので、先輩や目上の人に感情で物事を言われても、論が通ってないと言うこと聞けないんです(笑)私は、誰かから一方的に言われるのではなく、もっと議論を重ねて、色々な事を決めたいんです。

—You’re always happy. What do you do to keep yourself happy?
I try to surround myself with people that make me happy. Before I used to want a lot of friends, but now I just want to spend more time with the few people that I trust.

いつもハッピーなスミコさんですが、普段心がけていることは何ですか?
自分がハッピーになれる人と一緒にいるという事です。昔は、もっといっぱい友達を作りたい!と思っていたんですが、今は、本当に大切な人とより多くの時間を過ごしたいと思うようになりました。

sumikoflores

—What was the biggest turning point in your life?
I have two. The first is when I moved to Japan when I was 18. Since my mother is Japanese, I wanted to learn the language and get to know the culture. Studying Japanese while working to pay for my tuition was difficult. Looking back, it was the hardest I’ve ever worked in my life. The second was when I switched jobs this year. I went from working at a big IT company to a small startup. I absolutely love my job and my team, and am motivated to become successful. 

人生のターニングポイントはどこでしたか?
2つあると思っています。1つは、18歳のとき日本に来たことです。私の母が日本人なので、自分のルーツである、日本に行くことは大きな意味があると思いました。当時、日本語もあまり話せなかったし、学費も自分で払わなきゃいけなかったので、必死にバイトと日本語の勉強をしました。大学では、週4回、日本語を学ぶ授業があったのですが、その他に日本のテレビを見たり、ふりがな振ってあるような読みやすい本を読んだりと、今振り返ると、今までで一番必死でした。2つ目は、転職です。大手IT会社から、ベンチャー起業に転職しました。転職して、自分の本当に好きなこと、環境、人とお仕事ができているので、毎日がとても充実しています。

 

—What do you think you would have been doing if you didn’t choose to come to Japan?
I probably would have gone to the states. I feel like there are a lot more scholarships that you don’t have to pay back and financial aid over there so it probably would have been easier. Plus the language. Haha But I don’t regret anything.

日本に来てなかったら、今頃どうしてたと思いますか?
実は、アメリカの大学にも受かってたので、アメリカ本土に行っていたと思います。日本は、奨学金を返さなきゃいけないケースがほとんどですが、アメリカは返さなくて奨学金や学費の援助が充実しているので、金銭面では、もうちょっと楽だったかもしれませんね(笑)でも、あの時、日本を選んでなかったら、こんなに日本語ができるようにならなかったと思います。若い時に日本語を勉強できて良かったと思います。

sumikoflores

—You’re always smiling!
I get that a lot. I’m easy to entertain – I laugh at everything. I realized recently that Guam people laugh a lot. And they’re always friendly. In Japan, Tokyo mainly, people are so nice but not so friendly.

—スミコさん、ずっと笑ってますね!
よく言われます(笑)笑いのつぼが浅いんですよ。あははははは。でも、最近気付いたんですけど、グアムの人はみんなよく笑うんです。日本人は、「優しい」けど、「フレンドリー」ではないですよね。

 

—What are some tips to stay happy?
1. Always be thankful. When you compare yourself to other people and focus on the things you don’t have, you’ll never be happy. When I get sad I always think, I have an amazing family, great friends, a job I love – and most of the time, that alone makes me feel better.

2. If you’re not happy with something, change it. It’s easier said than done but if there’s something bringing you down, you can’t just hope it’ll go away – you have to do something about it.

ハッピーに生きる一番のコツって何だと思いますか?
1つは、感謝すること。私には、これがない、あれがないじゃなくて、こんなに素敵な家族がいて、こんなに素敵な友達がいる、と感謝することだと思います。2つ目は、自分がハッピーになることだけをする。自分の環境は自分しか変えられませんからね。

 sumikoflores
—What do you think your identity is made of?
Identity.. I would say Guam. Although Guam is a tiny island with only 170,000 people, it’s multicultural. Growing up in that environment, I’ve learned to be open-minded – not judging people right away, listening to different opinions, always being curious – and I get along with different types of people.

—スミコさんのアイデンティティーを形成するものは、なんだと思いますか?
グアムです。人口17万人しかいない、小さな小さい島に、本当に多様な文化やバックグランドを持つ人が一緒に暮らしているんです。そんな環境で育ったので、今も「これじゃなきゃダメ」っていう固定概念や偏見は持たないし、いつも、もっとあなたの違う意見聞かせて!って思っています。「これは決定事項だから」って言われるの、嫌なんですよ(笑)みんなが意見を出し合って、話し合って決めるのが好きなんです。

—What is your dream?
I don’t have anything concrete in mind but I want to start some kind of business in Guam. Hopefully with my dad – who has been in the hotel/F&B industry since I can remember. I want to give back to Guam and my parents.

今後の夢を、ぜひ教えてください!
まだ、具体的ではないですが、いつか、グアムでビジネスを立ち上げたいです。まだまだ先の話ですが。父親が長年サービス業に携わってきたので、大好きな両親とグアムの人々ために、レストランを開きたいです。

sumikoflores<スミコ・フローレス/Sumiko Flores>
スパニッシュ系チャモロ人と日本人のハーフ。グアム生まれ、グアム育ち。太陽、自然に囲まれて育つ。18歳の時に、単身で日本に留学し、日本語の勉強を始める。上智大学国際教養学部卒業。大手IT会社に就職後、ITベンチャーに転職。

photo by 吁九志

1989年生まれ。北京大学国際関係学部卒業。株式会社Selan代表。インタビューサイト "belong" を運営。